HOME > パチンコ・スロット > パチンコで狂った人生

NEWEST /    BACK >

誰か俺を殺してやってください

パチンコで作った40万の借金を 8ヶ月かかって完済しました。

給料日に借金でない万札が財布に入ってるのが嬉しくて 8ヶ月ぶりに打ちに行ってしまいました。 仕事帰りに毎日3万ずつ負けて またもや借金を背負うようになりました。

今では再び借金が40万あります。
誰か俺を殺してやってください。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

会社も辞めてアパート1人暮らし

結婚して子供ができて、んで離婚して・・その間ずーっとパチにの為につくった借金を返す・・を10年以上やってた。

今42歳、会社も辞めてアパート1人暮らし、毎日パチンコ三昧(土日はイカね)なんとか食ってるけど先々が不安・・・

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

確実に人生棒に振ってるな

俺もスロプだが確実に人生棒に振ってるな。

純A~爆裂AT機の終盤まで稼ぎまくって、もうヤメようと思ってたが 結局今もだらだらスロプやってる。 何のために勉強がんばって大学行ったのかサッパリわかんね。 彼女には愛想尽かされるし親にまで切られたし…人生オワタ☆

俺は自由だ!orz

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

この前禁パチリバウンドで一週間18万まけた。

パチやめます。たしかに勝てる人は勝てるんだろーけど、俺には無理!
絶対無理!!もー、学生なのに100万は負けた。
勝つ努力するくらいなら大学行って勉強してたほうがましだったよ。
遊びでするにも、こりゃあ金かかりすぎ。
俺には環境と忍耐力と運がなかった。
この前禁パチリバウンドで一週間18万まけた。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

ヒエラルキーの最下層

パチンコにのめり込むとヒエラルキーの最下層へと落ちていく。

って、主張があったけど、そういうのをハッキリと示した方がいいと思うぞ。 学生プロ、とか言っていても、学生時代に勤労意欲が失われるのは社会生活において激しくマイナスになるとか、な。

他にも主婦、サラリーマン、個人事業者、パチぷー、みんな相対的に落ちていく その傾向は間違いない。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

勤労意欲の喪失

ギャンブル中毒者の特徴のひとつとして、勤労意欲の喪失があります。

あなた方のような学生さんならギャンブルにのめり込むことで、勉学や自己啓発を疎う怠慢な心がいつの間にか生まれてしまいます。この就職難の時代、大学での落伍は将来においての深刻な状況に陥る危険が非常に強いです。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

青春をパチンコに費やしてしまった。

青春をパチンコに費やしてしまった。
いろんなことがあったはずなのに、思い出すのはパチンコに関すること ばかり。 恐ろしくなります。 脳がやられていたとしか思えない。

もう二度とパチンコを打つつもりはありません。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

そんな俺に彼女は愛想を尽かし、分かれてしまった

会社やめて3ヶ月パチ・スロに ドップリつかってしまった俺は、 あらゆることにめんどくさくなり、 同時にパチ以外に金を使うのがもったいなくなった デートに行ってもおごることもせず、 デートすらいきたくなくなってしまった パチが打てればと思い会社をやめたのだが、 そんな俺に彼女は愛想を尽かし、分かれてしまった

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

俺は何も成長しない。

俺もやってたけど、友達がみんな結婚したり年収1000万以上で裕福な生活したり 、大学とかで楽しくサークルしたり色々な勉強して賢くなっているのを見てると、 「あぁ、俺ってホント何やってるんだろう」ってアホらしくなったよ。

みんなの時間は確実に進んでいるし成長もしてるのに、俺は何も成長しない。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |

住所不定の転々と職業を変える浮遊生活者

自分は現在満49歳になり、パチンコを打ち始めた時は17歳で、以来今日まで、32年間パチンコに人生を翻弄され続けて参りました。

初めてパチンコ台と対面した時の衝撃はうち震えるほどのものがあり、その感情はいまでも忘れられるものではありません。しかし、そのいっぽうでは、或る人が自分をパチンコというものに誘わなければ別の(もう少しましな!?)人生を送ってきたかも知れない、とも思うのです。

自分が32歳頃の時、ある事情で身内から17万円の借金をし(ギャンブルには関係ありません)、それがもとで返済が何年にも長引いてゆくうちに気まずい気持ちがあり、顔が合わせられなくなり、住所不定の転々と職業を変える浮遊生活者となりました。そして、35歳から42歳までパチンコ生活者となりました。

と言っても釘が読める訳ではなく、羽根ものとか「ジャンケン」(台の名称は不明)のモーニングなど打っていました。その頃は、同じ店に通い続ければ日頃よく出る台がわかっていて、その台ばかり集中的に狙えば食べていかれたのです。

しかし、その7年間というものは、心の中にはいつも淋しい風が吹いていました。

ただ淋しいだけではなく、その心中に渦巻くものは他人に対する憎悪、パチンコ店主に対する憎悪、世間に対する憎悪で一杯であり、そしてなによりも自分をメチャクチャにしているのは、そういうあらゆる憎悪の渦が自分の心の内に湧いているそのものを自分自身が外側からじっと見るせつなさで御座居ます。

| パチンコ・スロット::パチンコで狂った人生 |


NEWEST / PAGE TOP /    BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"