HOME > パチンコ・スロット社会問題 > パチンコ業界の内実

NEWEST / < NEXT   BACK >

ゴト師による被害は年間500億円

日テレの情報番組でパチンコのゴト師を特集してた、ゴト師による被害は年間500億円にものぼるそうだ。

彼らは、月400万~500万程度をコンスタントに稼ぐ、パチンコ屋の被害は即ちわれわれ客にそのまま跳ね返ってくる。

一昔前はピアノ線ゴトが中心だったが最近ではハイレベルな電波ゴトや裏ロムが主流。裏ロムの場合、機械を開けて取り替える必要があるから夜間に忍び込んですり変えるということが多いが、パチンコ屋の店長とグルになって犯行に及ぶケースも多いそうだ。

安い給料できつい仕事の雇われ店長をまじめにやるよりもずっと実入りが良いだろう。そして裏ロムに書かれているプログラムなのだが。

このインチキプログラムがメーカー開発者からリークされることもあるらしい。安い給料できついプログラム開発をまじめにやるよりもずっと実入りが良いだろう。

メーカー社員⇔パチンコ屋店長⇔ゴト師
強烈なトライアングルが出来上がってしまっている。

一般客に入り込む余地などないではないか。あるのは
ただひたすらボロ負け街道を突き進むことだけ。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

ホルコン対応機種

ゴト師が暗躍できないように台の構造を改善したりするのと同様にホルコン操作、遠隔操作をして確率抽選をいじれないような機種を生産する責務がパチンコ台製造メーカーにはある。

一説に享楽の台は凸確や鉄板予告を大幅に減らしたりして、遠隔の幇助を助長するような遠隔対応、ホルコン対応機種なのではないかと疑われている。

遠隔が発覚して全国的に報道された、こういう時にこそ、公正明大な機種生産をしていることをアピールすべきである。

現在のところ、パチンコ台製造メーカーのホームページにこの遠隔報道に触れた記事なりコメントなりを掲載しているところはない。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

遠隔ソフトなんて安価だという証明だ!

「遠隔システムを組むにはコストが高い」というのがあるが今回、摘発された店は弱小会社のパチ屋だ。

つまり遠隔ソフトなんて安価だという証明だ!どこでもやってるという良い例だ 。大手なら、あたりまえの事、そして遠隔システムのPC画面までTV放映した。
       
この意味は、明らかに国から業界への圧力が裏にある。

つまり

国のパチ業界に対する強い意志表明。

これから『やるぞ』という事だ

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

遠隔の証拠なんて出てこない

今の時代は台を開けたら遠隔装置がなんて状態ではない。

だからこの台おかしい、警察呼べ、台開けろと言って空けた所で何もでず。逆にそんな装置が出てきたら店の方がゴト師に
仕込まれてると驚くよ。

店自体を調べない事には遠隔の証拠なんて出てこない。 賄賂をやめたとかで警察の怒りでも買わない限り、店全体を調べるなんてことないから、遠隔やってる店でも遠隔なんてないよと強気に出れるわけです。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

羽根デジが流行りだした頃に業界の人間がこう言ってました。

「羽根デジは客に当たりを気軽に見せてあげる台。
勝とうなんて思うな。感謝しろ。」

これは1円パチにも同じことが言えるんではないでしょうか?

「1円パチは客に安い金で遊ばせてあげる台。
勝とうなんて思うな。長時間遊ばせてやったんだ。感謝しろ」

1円パチは換金率が安いとはいえ、換金されたら売り上げが上がりません。

極端な話をします。この話が適切かどうかは分かりません。 2台の台があって1台あたり2000円の売り上げを上げようとしてる1円パチ屋があったとします。 たった2000円の売り上げです。しかし・・・ A台の人が3000円勝った場合、B台で7000円負けさせなければ、1台当りの売り上げが2000円とはならないのです。

1台あたりたった2000円の売り上げを上げる為に、 A台がたった3000円ポッキリの勝ちだった場合でも、B台からは7000円、 4円の店で言えば28000円分(28000円分の玉)負けて貰わないといけないのです。

1円パチでの7000円負けは、4円で言うと28000円分負けた時の感覚が発生するのです。
※感覚とは回転数のことです。

遠隔なくして1円パチンコは語れないんではないでしょうか?

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

「制限60+制限30」×2ループ+「制限120」を標準とする。

(秘)
                               H19.4,26
ホールオーナー各位
                              ㈱リモー●・こん●ろーる

貴社益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は当社サービスをご利用頂きまして、厚く 御礼申し上げます。 さて、23日に某テレビ局の報道により発覚してしまいました、ボナンザの遠隔報道におかれま しては、既にご承知のことと存じます。 直後に某有名掲示板に取り上げられ、3日経過した現在も、騒ぎは一向収まる気配はない状況 であります。

GW前を目前に、貴ホールにおかれましても、大変、心苦しいことと存じます。 現状におきましては、この騒ぎを沈静化すべく、当面の間、当社システムをご利用の際、下記 の点を厳守の上、操作されますようお願いいたします。

①「確5」の連続クリックは2回を上限とし、同時クリックは15台に1台以下とする。
②(「確3」+「確1」)×2+「確2」を標準とする。
③「制限120」の連続クリックは2回のみとする。その後は「制限60」以下とする。
③「制限60+制限30」×2ループ+「制限120」を標準とする。

ボナンザ事件におきましては、当社システム利用マニュアルの不徹底から生じた不手際であります。 貴ホールにおかれましては、利用マニュアルの社内周知徹底され、二度と不祥事を起こさぬよう、何卒、よろしく お願いいたします。
敬具

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

遠隔が悪といいますが、皆平等になる素晴らしいシステムです。

この世界、不正行為は容赦しない。 ハイテクゴト師対策は驚くほどの進歩で、動きや台動作パターンからすぐに分かる。 まずは絶対に出さないことで撃退、次に店長が捕まえて実力行使。よく知るとゴトなど絶対できませんよ。

会員、一般の管理も賢い学習型プログラムで、客が最もお金を使うパターンで行う。 適度な連荘数、はまり、止めそうになったら連続演出で続けさせる等、多彩である。又プログラムも専門の人で変えられ、ゲーム性もメリハリをつけている。 5号機も十分対応可能。当局に睨まれない程度に波荒に改造される。

今後の遠隔はさらに改良される。個人認証をより確実なものにする。 遠隔が悪といいますが、皆平等になる素晴らしいシステムです。今後は高稼働を維持するためには今までの釘や設定調整では維持できません。

そんなことをしてもすぐにばれるからです。質の高い経営できる遠隔ができるホールのみ生き残れるのです。 客を完全管理でき、ゴト師、プロ排除、平等に遊戯料金取るシステムは店には最高に願ったことなのです。

これを読んだ皆さん、まだハイエナや高設定狙いをするのだろうか?大手の店では遠隔で既に対策が施されている。 今後は全ての店で導入されこれらの行為は絶対に不可能なようになるはず。カウンターなどで簡単に判別できるものなら判別させて1日中打ってもらい、結果はしっかり負けてもらうなどのプログラムになるはず。

釘師、設定師は過去の存在でそんな技術は何も役に立たない。素晴らしいコンピュータプログラムは、多くのことを学習して店に利益が最大になるように最適に処理される。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

遠隔システムは大手ホールには既に完全導入済みで大好評のもとに稼動しています。

今のハイテク時代、便利な装置を使わない手はありません。非合法だがゴト師排除と出玉平等でプロ排除という観念から警察は黙認です。

昔の遠隔は低性能で故障が多かったが、今は高度な通信技術、計算機技術により高度で安価な装置になった。
また画像識別やカード等の顧客データ管理の充実も後押ししている。

遠隔操作のメリットは「事情に合わせた出玉の調整が可能」「常連客へのサービス実施」「サクラの効果的配置」「ゴト完全撃退」「プロ、ハイエナ等撃退」等数多くあるからです。 金が動く世界は「最新鋭」のシステムが導入されております。表には出てきませんが公然の秘密なのです。

ホールは儲けるために、常に高稼動維持が必要で、昔はすご腕釘師、設定師で高稼働を維持した。 当時は情報伝達が遅いので釘や設定調整での出玉調整で十分に稼動が維持できた。 が、インターネット、携帯電話で皆情報を知り、広まる速度の速さで、以前の方法では高稼働維持が難しくなった。 出る台ばなりの稼動になりホールも商売にならないため、遠隔を使うようになった。

この恐るべきオペレーションでは客は決して勝てないのです。 がパチンコはもともと遊戯で「市民権のある健全娯楽であること」「パチンコによる勝者を出さない」が目的なので、遠隔操作は当然のことなのです。

今は均等に適正な遊戯料金を頂くのです。もちろんばらつきはありますが一定以上浮き沈みは調整です。今の遠隔は客に全く分からないように完璧に正確にオペレーションされています。

今後の台は仕様が統一されより簡単に遠隔可能になる。遠隔は今では非常に安い値段です。 値段は1台50~100万程度で500台のホールでは数億円です。普通の人は「高い」と思うがオーナーから見れば非常に「安い」買い物なのです。

ホールは非常に儲かる商売で、500台ある店は毎日500万円の純利益がオーナーに入ります。 だからこの程度の投資はポケットマネーで行うことが可能です。 また遠隔の工事は日本人ではなくオーナーの人種系統が行う。(韓国系、中国系等)、問題の北系は諸事情でお断りになっているようだ。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

パチンコの脱税:不正脱漏所得金額の大きな業種で1位、不正発見割合の高い業種で2位

国税庁が先ごろホームページ上で公表した「平成17事務年度における法人税の課税事績について」(平成17年7月1日~平成18年6月30日)によると、 不正発見割合の高い10業種で「パチンコ」が前年に引き続き2位に、 また不正申告1件当たりの不正脱漏所得金額の大きな10業種では前年の2位から1位になっていたことが分かった。

調査によって明らかになったパチンコの不正発見割合は前年の50.3%から0.7ポイント高い51.0%。 1件当たりの不正脱漏所得金額では前年より150万4000円多い4356万6000円と報告された。

この調査は大口・悪質な不正計算が想定される法人など調査必要度の高い法人14万3000件を対象に実施。 うち不正計算が確認されたのは前年より4000 件(17.6%)多い2万9000件で、不正脱漏所得金額でも前年比548億円(15.2%)増の4142億円に達していたことが判明した。 追徴課税は 3953億円で前年より352億円(9.8%)増えている。

ソース:グリーンべると
http://www.adcircle.co.jp/greenbelt/news/200611/0202.html

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |

甘い汁を漏らさず吸えるようにしよう

プリペイドカード導入でヤクザからパチンコ利権を奪い取った警察の次の目的は、在日系パチンコ店の排除である。

これは日本人にとっては国益上、悪い政策ではないが、警察の真の目的は別にある。 在日系パチンコ店の多くは脱税率も高く、その利益の大半を本国に送金していると言われている。このようにパチ業界の一部利益が海外に漏れてしまうのは、その甘い汁を吸っている警察にとっては美味しくないのである。

よって警察は、確実に金を吸い取る事のできる国内の大手資本系パチンコ店だけを残し、残りは全て潰してしまおうと画策している。言い換えれば、今まで分散してしまった金の流れを太いパイプに集中させる事で、甘い汁を漏らさず吸えるようにしよう、という事なのである。

実にチンピラらしい悪賢いアイディアじゃないか。パチンコをやるという事は、こういった類のゲスどもに、食い物にされるという事なのである。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"