NEWEST / < NEXT   BACK >

経済・文化的損失

一人につき年に平均約144万円をパチンコに使っている(平成13年、全店売り上げ額と参加人口から)。可処分所得の多くはパチンコに吸収され、結果としてパチンコ業界とサラ金業界が隆盛。他の消費にまわす額は激減し、家電、自動車、住宅産業等はかなりのダメージを受けていると推測される。

パチンコ人口は2千万にのぼり、日本人の余暇の過ごし方は文化的な活動よりパチンコが主流。映画・演劇・音楽・出版・スポーツなどの文化産業はかなりのダメージを受けている。

パチンコ業界は自動車業界を凌ぐほどの巨大産業にも関わらず、脱税の常連となっている。税金によって賄われる日本の公共福祉は、その脱税によってかなりの損失を被っていることになる。

パチンコによって多重債務者が増え、同時に犯罪・自殺が増加し、社会の安定や経済活力を阻害している。

一部の歓楽街にとどまらず、日本の至るところに「パチンコ」というケバケバしいネオンと看板がある。日本の街並みは美観を喪失、住環境は悪影響を受けている。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ普及による損害 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"