ギャンブル::パチンコ・パチスロを止めたい!!ギャンブル麻薬 ">

NEWEST / < NEXT   BACK >

幼児退行としてのギャンブル

では、過去のどの時点に戻っているといえるだろうか。パチンコの行動を詳細に検討すれば明白であろう。

どのギャンブルにも共通する点であるが、偶然に頼った報償がある。パチンコの大当たりはコンピューターで制御され、遊技者はいつ大当たりがくるのかわからない。ただ、台の前でハンドルを握って座り、当たってくれるのを待つ。

これは、自らの力で環境に作用して快楽を獲得する大人の行動形式と比べると、まったく正反対の行動だといえる。受動的な立場にたって、自分の現実的な努力とは無関係に当たりの快楽を得ようとする。この行動形式は幼児のものに違いない。

幼児は無力な存在なので、自らの力で快楽を得ることができない。母親の庇護を一方的に必要とする。つまり、周りの環境が一方的に自分に仕え、自分では何一つ努力することなく快楽を獲得することができる。

幼児期の行動形式に戻り、ただ受動的な快楽を得ることで充足したい心理。これこそが、人をパチンコ店に向かわせているのだろう。考えてみると、すがるようにパチンコ台に座り、当たりを求めて際限なく金をつぎこみ、当たりがくると満ち足りた表情をするパチンカーというのは、母親の乳房を求める幼児に驚くほど似ている。

| パチンコ・スロット依存の意味::幼児退行としてのパチンコ |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"