HOME > パチンコ・スロット依存の意味 > 酔いとしてのパチンコ > なぜ、そういうタイプになるのか

NEWEST / < NEXT   BACK >

なぜ、そういうタイプになるのか

「自信がない」という言い方をもっと適切に言い換えるなら、「自己の人格の基礎ができていない人」という表現になる。

自分の人格の基礎ができないために、日常が自分を強化する形で経験できない。常に自分の存在を肯定することに躍起にならなくてはならず、人々の称賛に敏感になって緊張したり、人付き合い自体が疲れるものになる。

また、自分自身に安定感がないために、孤独を感じやすく寂しがり屋になる。誰かに(母親に)抱きしめられたいといったタイプの乳幼児的な欲求がいつまでも心に巣くうことになる。

こういうタイプになった理由を精神分析的に理解するなら、やはり幼少期が問題となる。人格が形成される幼少期に適切な親子関係がなかったため、人格障害と分類される状態になってしまったのである。

ちなみに、この場合注意を要するのは、「親」に問題があるというより、親子「関係」に問題があるという点である。ここを誤解している人が多い。子供が親に適応する過程での子供自身の戦略によっても結果は180度変わる。同じ家庭環境にある兄弟でもまったく別の人格になる。

| パチンコ・スロット依存の意味::酔いとしてのパチンコ |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"