HOME > パチンコ・スロット依存の意味 > 酔いとしてのパチンコ > 酔いから醒める価値は人生にあるか

NEWEST / < NEXT   BACK >

酔いから醒める価値は人生にあるか

以上、アルコール依存の解釈をおおざっぱに見てきたが、酒を飲んだか飲まないか、パチンコをやったかやらないかの問題ではなく、全人格的な問題であることは明らかだろう。

パチンコの「酔い」に依存してきてしまった人は、恨みと虚無を抱えている可能性が高く、それによって今現在、苦境に陥っている人かもしれない。そこから脱却しようにも、そもそも人生や日常に喜びを見いだせない人たちである可能性が高いのである。

一つ言えるのは、そういう人はパチンコをやっていようがやっていなかろうが、いくら表面的に平穏にみえる暮らしをしていようとも、心の中は嵐が吹き荒れコントロールできない状態だっただろうということだ。

人生にたいする喜びを感じられないように歪められた現状から脱却するためにも、依存と取り組むことは有益である。依存から脱却する過程でその歪みに気づき、回復するケースは多い。

| パチンコ・スロット依存の意味::酔いとしてのパチンコ |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"