NEWEST / < NEXT   BACK >

奴隷の復讐

パチンコ奴隷がどのように自分の怒りを表現しているのかを見れば、彼らの思慮の浅さは明らかである。

たとえば、彼らはパチンコ店のガラスを割ったり、汚物をばらまいたり、店員に嫌がらせをしたりする。しかし言うまでもなく、パチンコ店で働いている人間というのは、たいていわずかな給料で働かされているサラリーマンとアルバイトに過ぎない。

あるいは、負けた腹いせに家族、友人に八つ当たりをする。誰かに怒りをぶつけないと気が済まないのだろうが、周りの人をあたかも敵であるかのように扱い、自分にとって最も大切な人を徐々に失っていくのである。

さらに、パチンコで搾取された怒りを自分に向けるケースもある。自己嫌悪に陥ったり、自暴自棄になったりする。しかし、結局のところ、自分を罰せられる対象と罰する対象に分けて、一方では自己憐憫、他方では自己優越を感じているに過ぎないという。その証拠に、自分に怒りを向けた人間が建設的な方向に歩むことはなく、結局同じ事を繰り返しているのであって、それがなぜかといえば、自己憐憫と自己優越で快楽を得ているからである。

| パチンコ・スロット依存の意味::奴隷としてのパチンコ |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"