HOME > パチンコ・スロット依存の意味 > 凡庸な生としてのパチンコ > パチンコ・スロットが蔓延した社会

NEWEST / < NEXT   BACK >

パチンコ・スロットが蔓延した社会

だからといって、パチンコに逃げ込んだ若者にたいし、ただ意志の弱さを責めるのは早計である。そもそも、パチンコが麻薬と同様に危険だという事実は、日本では徹底的に隠蔽されている。誰一人パチンコの危険を訴えていない。むしろ若者がパチンコをやるようにし向けられてしまっている。

この点を考えると、ある人にとっては「手頃なレジャー」だからといって、社会の中にパチンコが蔓延しきった現状を擁護するのは不可能ではあるまいか。

たしかに、パチンコをしなければ魅力的だというわけではない。パチンコと無縁の人間でも、つまらない人もいれば魅力的な人もいる。しかし、パチンコが人間として魅力的になる機会を奪うことは間違いないのである。パチンコに熱中することによって、つまらない人間はますますつまらない人間になり、魅力的な人間は徐々につまらない人間に変わっていくのだ。

今現在も、保育器としてのパチンコ屋が平然と日本社会で機能している。つまり、日々、日本人はつまらない人間へと自らを作り替えているのだ。

| パチンコ・スロット依存の意味::凡庸な生としてのパチンコ |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"