依存の発見::パチンコ・パチスロを止めたい!!ギャンブル麻薬 ">

NEWEST / < NEXT   BACK >

依存の発見

1970年代の後半にアルコール依存の臨床で発見されたといわれている。以下のようなプロセスがあったとみられている。

・アルコール依存の回復において、依存者同士のグループセラピー、そして「家族からの隔離」が有効であることがわかった。
・つまり、家族の中に戻ると依存克服が困難であることがわかった。
・その後、ほとんどの臨床ケースにおいて、依存者の家族の中に「依存者への世話に依存している人」が発見され、その人が依存を後押ししてしまっている事実がわかった。

従来は、アルコール依存を個人の精神的弱さの問題と考えていたが、この発見によって依存者の人間関係に焦点が移る。依存者の回復には、その依存に手を貸している人の治療も必要であるという認識が得られたのである。

| パチンコ・スロット依存キーワード::共依存 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"