HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 共依存 > なぜ親子間より夫婦間が問題になりやすいか

NEWEST / < NEXT   BACK >

なぜ親子間より夫婦間が問題になりやすいか

上で述べたように、依存者はその家族から離れることによって回復するケースが多い。共依存状態の中にあっては回復は困難なので、そこから物理的に離れてしまうことが有効なのである。

親子間においては、社会通念として子供は親離れすることが要請されている。そのため、成人が依存症になった場合には、親子関係の共依存があったとしても、すでに物理的に離れているケースが多い。

しかし、夫婦間においては、物理的・経済的に密接な関係にあるだけでなく、心理的にも適切な相互依存関係にある。夫婦である以上、お互い適切に依存しあう必要があるにもかかわらず、その依存の仕方が共依存になってしまった場合、その後の夫婦関係は相当の困難を伴うと考えられる。(カウンセラーなどの第三者の介入と援助を求めることを強く推奨したい。その際、妻と夫の両方が、(別々ではあっても)カウンセリングをうける必要があるのは言うまでもない。)

| パチンコ・スロット依存キーワード::共依存 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"