依存と自己嫌悪::パチンコ・パチスロを止めたい!!ギャンブル麻薬 ">

HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 自己嫌悪 > パチンコ・スロット依存と自己嫌悪

NEWEST / < NEXT   BACK >

パチンコ・スロット依存と自己嫌悪

パチンコで大金を失ってしまったときには、パチンカーは自己嫌悪に陥る。今までの説明から明らかなように、実はこれによってさらなるパチンコ依存に陥るのである。

パチンコで大金を失うような自分を受け入れたくないとき、自己嫌悪によって「パチンコにはまらない自分」があたかも人格の中に存在するかのように思いこむ。その人格が、パチンコで大金を失う自分を嫌悪する構図になる。そうなると、あたかも自分自身の意志で次はパチンコをやらずに済むかのような錯覚を持つことになる。

これによって、自分が「もはやどうにもならないパチンコ依存者であり、助けが必要」という現実から遠ざかってしまう。依存の自覚が遅れることになる。なお、禁パチ中のリバウンドにおいても同様である。

| パチンコ・スロット依存キーワード::自己嫌悪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"