HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 自己嫌悪 > 回復プログラムについて

NEWEST / < NEXT   BACK >

回復プログラムについて

ギャンブル依存から回復するための自助団体であるGAには、回復プログラムと呼ばれるものがあるが、それは自己嫌悪との関連でも興味深い。アルコール依存の自助団体AAの「12のステップ」を応用したもので、非常に大きな成果をあげてきたという。

1.私たちはギャンブルに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなったことを認めた。
2.自分を越えた大きな力が、私たちの考え方や生活を健康的なものに戻してくれると信じるようになった。 
3.私たちの意志と生き方を自分なりに理解したこの力の配慮にゆだねる決心をした。
4.恐れずに徹底して、モラルと財務の棚卸しを行ない、それを表に作った。
5.自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのまま認めた。
6.こうした性格上の欠点全部を、取り除いてもらう準備がすべてできた。
7.私たちの短所を取り除いて下さいと、謙虚に自分の理解している神に求めた。 
8.私たちが傷つけたすべての人の表を作り、その人たち全員に進んで埋め合わせをしようとする気持ちになった。 
9.その人たちやほかの人を傷つけない限り、機会あるたびにその人たちに直接埋め合わせをした。 
10.自分自身の棚卸しを続け、間違ったときは直ちにそれを認めた。 
11.祈りと黙想を通して、自分なりに理解した神との意識的な触れ合いを深め、神の意志を知ることと、それを実践する力を求めた。 
12.私たちすべてのことにこの原理を実行しようと努力を続け、このメッセージをほかの強迫的ギャンブラーに伝えるように努めた。

| パチンコ・スロット依存キーワード::自己嫌悪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"