HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 自己嫌悪 > このプログラムの狙いは何か

NEWEST / < NEXT   BACK >

このプログラムの狙いは何か

一通り見ると明らかなように、自分のコントロールが及ばないということを積極的に自覚しようとしている。

これは、「自己嫌悪からの開放」を意図したものだと考えられる。自分にたいする責任概念を過剰にもち、何事にも自分の意志が原因になると思いこんでいる人は、常に自己の欠点に執着し、過去の失敗を悔い、ギャンブル依存で失ったものを儚み、絶えず自己嫌悪に襲われることになる。

そこで、自分に関する責任概念を神(のような自分を越える対象)にあずける。それによって、自己嫌悪から開放され、それが依存克服に役立つという仕組みになっている。

日本人からみるとプログラムの中で神という言葉が繰り返し使われて点に違和感を感じるが、キリスト教文化圏のアメリカにすむ人たちにとっては、手っ取り早く自意識の病から開放されるための便利な概念なのかも知れない。

| パチンコ・スロット依存キーワード::自己嫌悪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"