HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 自己嫌悪 > 自己嫌悪が役に立つという妄想

NEWEST / < NEXT   BACK >

自己嫌悪が役に立つという妄想

驚くべき事であるが、自己嫌悪が役に立つと思っている人が少なからずいるという。自己を嫌悪すれば、自分の意志を強化して次はうまくいくと思いこんでいるのである。なぜこういう思いこみを持つようになったのだろうか。

自己嫌悪が役に立つと思っている人は、今までずっと自己嫌悪することで自分のマイナス面を矯正しようとしてきたであろうことが推測できる。その始まりは、おそらく幼少期のしつけに違いない。

子供がなんらかの不始末をしたときに、その親がどのような態度でしつけをしたかによって、かなりの程度までその子供が成長したときの自己評価の態度を決める。子供は親の禁止の態度を内面化することで、自らの行動を律するようになるのである。これは超自我の形成と呼ばれる。自己嫌悪をし続けてきた人というのは、おそらく、幼少期に何らかの不始末をすると、親から嫌悪感をぶつけられ続けたのだろう。

| パチンコ・スロット依存キーワード::自己嫌悪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"