HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 無気力 > 泥沼と化すパチンコ・スロット習慣

NEWEST / < NEXT   BACK >

泥沼と化すパチンコ・スロット習慣

パチンコによって徐々に無気力になったパチンコ依存者は、反面パチンコだけには熱心になる。人生を立て直す努力はできなくても、不思議とパチンコ店に通う努力だけはできるものである。たとえば、パチンコのために必死になって金策に走ったりする。

これは非常に皮肉なことなのだが、長年のパチンコ習慣によって自分への信頼がなくなってしまったからこそ、パチンコにすがりつくことになるのである。すでに無気力な状態になってしまっているので、実生活で何も努力ができない。しかし、一時でも自分の自信を回復してくれるもの、自己批判を外してくれるもの、現実を忘れさせてくれる酔いが欲しくなる。残るのは、お手軽に一時の勝利感が得られるギャンブルだけとなり、賭け事にしがみつくこととなる。

これこそ、パチンコ習慣によって身に付いた精神の停滞状態とは言えないだろうか。ギャンブルだけには熱くなるが他のことはまったく無気力になる、というパチンカーの一般的な姿である。上記で述べたように、これは生まれつきの性格が原因というよりは、単にパチンコという習慣を続けた結果必然的に訪れた事態なのである。パチンコを続けていれば誰にでも起こりうるのである。

| パチンコ・スロット依存キーワード::無気力 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"