HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 無気力 > ニート誕生のきっかけ

NEWEST / < NEXT   BACK >

ニート誕生のきっかけ

仮にニートと呼ばれる若者がそういった日常を過ごしているとすれば、そのきっかけは何だろうか。若者の状況はそれぞれ千差万別といえるので、一つの枠で理解することはできない。しかし何割かのケースとしてパチンコとの関連は無視できないと思われる。

90年代に第3次パチンコブームがあったが、特に若者の間でパチスロが大流行した。それとニートの急増が一致しているが、これは偶然だろうか。少なくとも、断章にあるように、高校あるいは大学在学中にパチンコ・パチスロにはまりニートとなった若者はそれほど珍しくないのである。

パチンコというギャンブル行為は無気力の獲得と自己信頼の低下をもたらす。パチンコにはまってしまった若者は、人生にたいして無気力になっていったであろうことは想像に難くない。若者にギャンブルを覚えさせれば働かなくなってニートとなる、というのは当たり前のことではないだろうか。

パチンコというギャンブル場が各地に存在し、レジャーを装っているために危険性が認識されず、日々若者達を無気力な方向へ導いている。フリーターやニートが社会問題化している現在でも、日本中に蔓延したパチンコは一向に問題視されていない。これが紛れもない日本の現状である。

| パチンコ・スロット依存キーワード::無気力 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"