HOME > パチンコ・スロット社会問題 > 事件・事故・犯罪 > 前サミー社長、9千万円脱税

NEWEST / < NEXT   BACK >

前サミー社長、9千万円脱税

★前サミー社長、9千万円脱税 納入業者のリベート隠す

パチスロ機製造大手、サミー(東京都)の吉田賢吉前社長(43)が2003年までの3年間に、部品納入業者から受け取ったリベート約2億4000万円を税務申告せず、約9000万円を脱税したとして、関東信越国税局が所得税法違反の疑いで長野地検に告発したことが25日、分かった。吉田前社長は、脱税を認めているという。

部品を納入していたのは、長野県飯田市の電子部品製造会社「ニコー電子」。 同社は架空経費の計上で所得を圧縮、法人税約1億9000万円を脱税したとして、前会長高橋道雄被告(57)らが法人税法違反の罪で起訴され、公判中。

関係者によると、サミーは1998年にニコー電子との取引を開始。吉田前社長は、リベートとして、高橋被告から現金を定期的に受け取り、株の購入資金に充てたり、自分や家族名義の預金口座にプールしていたとされる。

| パチンコ・スロット社会問題::事件・事故・犯罪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"