HOME > パチンコ・スロット社会問題 > 事件・事故・犯罪 > 京都のパチンコ業者90億円脱税容疑  パチンコ店運営会社「山村」と、その関係先

NEWEST / < NEXT   BACK >

京都のパチンコ業者90億円脱税容疑  パチンコ店運営会社「山村」と、その関係先

http://mbs.jp/news/kansai_NS219200605191158420.shtml

京都のパチンコ店運営会社が、総額およそ90億円の所得を隠し脱税した疑いで、 大阪国税局などの強制捜査を受けたことがわかりました。

所得税法違反などの容疑で強制捜査を受けたのは、京都市内のパチンコ店運営会社「山村」と、その関係先です。

関係者によりますと、この運営会社は最近2年間に10数億円の法人所得がありながら、売上げを 大幅に除外するなどの手口で所得を隠し、法人税を納めなかった疑いがもたれています。

また、この会社の経営者の親族で他のパチンコ店を経営している3人も、過去3年間でそれぞれ、 10数億円から30億円の個人所得を隠したとみられています。

所得隠しは総額90億円にのぼるとみられ、大阪国税局は今後、更に捜査を進め容疑が固まり次第、 大阪地検に告発する方針です。 (05/19 12:40)

| パチンコ・スロット社会問題::事件・事故・犯罪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"