依存症 ::パチンコ・パチスロを止めたい!!ギャンブル麻薬 ">

NEWEST / < NEXT   BACK >

深刻・パチンコ依存

NHK「クローズアップ現代」  深刻・パチンコ依存
~始まった克服への取り組み~   2006.05.31 19:30~放送

【番組内容の要約】
現在、パチンコ愛好者は推定約1800万人。多額の借金、家庭崩壊、育児放棄、労働意欲の低下、犯罪、鬱(うつ)、自殺など、年々深刻化するパチンコ依存症。 「やめようと思えば、いつでもやめられる」と本人にパチンコ依存症の自覚がないのが、パチンコ依存症の大きな特徴。パチンコ依存症は、予備軍含め推定約100万人。

ギャンブル依存症の自助グループ「ギャンブラーズ・アノニマス」 】
実例1:小遣いでやるつもりが借金。結局2400万円使った。
実例2:親子3人家族。50代の妻がパチンコ依存症。借金400万円。多い時は月に60万円使う。

家事がおろそかになる。家庭不和になる。家庭を守る為には、やめるしかないと思うがやめられない。娘を傷つけていることは分かっていた。パチンコをやめられない苦しさから逃れる為にパチンコ店へ。矛盾だらけだと感じていた。パチンコをやめた契機はガンになった為。しかし、その時は既に夫と離婚。娘も既に中学を卒業して家を出ており、失ったものの大きさに気づいた。一番被害を受けた娘に謝りたい。

意思が弱い等の人格的な問題ではない。分かってはいるが、やめられない心の病、やめようと思うが、やめられない。なぜか?負けて悔しくてやめられない。借金あるが、いつか一発大勝ちして返せる、自分は負けるはずがない、借金あってもどうにかなると楽観的に考える。

【パチンコ1人当たりの消費額の推移】
平 成 元年 平均    51万円/年
平 成16年 平均  160万円/年 に増加。(レジャー白書)
実例3:30代男性(入院患者)。パチンコで1500万円の借金。
その殆どを親が肩代わりした。

パチンコ依存症のメカニズム:強い刺激を受けることにより脳内のドーパミンが分泌され興奮。 体内のコルチゾールが過剰に誘発され、コントロール出来なくなり衝動が抑えられなくなる。

依存症に気づくのには長い時間(期間)かかるので、治すのにも長い時間(期間)かかる。 依存症の再発は少なくない。周りの家族が早く気づき、サポートすることが重要。

| パチンコ・スロット依存キーワード::依存症 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"