HOME > パチンコ・スロット社会問題 > 事件・事故・犯罪 > 大阪・豊中市の主婦殺害、三男の阪大生を逮捕

NEWEST / < NEXT   BACK >

大阪・豊中市の主婦殺害、三男の阪大生を逮捕

大阪府豊中市の主婦辻森早苗さん(58)が5日、自宅で殺害された事件で、 府警豊中署の捜査本部は7日、三男の大阪大学工学部4年、耕平容疑者(24)を 殺人容疑で逮捕した。

耕平容疑者は、最近はほとんど大学へ行かずパチンコ店に入り浸っており、 「日ごろから、母親に『パチンコばかりしている』としかられていた。その日も母親にしかられ、かっとなって金づちで殴った」と容疑を認めている。

調べでは、耕平容疑者は5日午前9時30分から同10時ごろにかけ、豊中市上野東の自宅1階応接間で、早苗さんから「24歳にもなって仕事もしないで」 などとしかられたことに腹を立て、早苗さんの頭を金づちで十数回殴って殺害した疑い。 喫茶店経営の父親(58)は大阪市内の店に出勤していて不在だった。

耕平容疑者は事件後、室内を荒らし、早苗さんの財布などから約30万円を持ち出してミニバイクで家を出た。「強盗の犯行に見せかけようと思った」と供述しており、金づちは「自宅2階の物置にあったもので、淀川に投げ捨てた」としている。遺体が発見された午後1時過ぎはパチンコに興じていたという。

耕平容疑者は事件当日、帰宅して府警の事情聴取を受けた翌6日未明、親類宅のトイレで手首を切って自殺を図り、入院した。命に別条はなかった。

府警が7日朝から病院で再聴取したところ、殺害を認めた。「母親と家族に申し訳ないことをしてしまった」とも話しているという。

耕平容疑者は大阪市内の私立高校を卒業後、1年浪人して2001年4月、同大学工学部応用理工学科に入学。4年になって2度、留年した。

| パチンコ・スロット社会問題::事件・事故・犯罪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"