NEWEST / < NEXT   BACK >

スロット遠隔操作で摘発

「スロット遠隔操作で摘発」NNNニュース動画
http://www.youtube.com/watch?v=nqcxbe8Dp2w

【携帯の方へ~ニュースの内容】
国立市にあるパチンコ店のパチンコ台の出玉を遠隔操作できるように不正に改造したとして、警視庁はパチンコ台販売会社役員の男ら三人を逮捕しました。

風営適正化法違反の疑いで逮捕されたのはパチンコ台販売会社役員、○山俊夫容疑者61歳と小○正容疑者60歳、パチンコ台の取り付け作業員石○伸一容疑者36歳です。

○山容疑者らは去年6月と7月に東京都公安委員会の承認を受けてないにもかかわらず、国立市のパチンコ店のパチンコ台29台を不正に改造した疑いが持たれてます。

調べによりますと○山容疑者は去年5月中旬頃にこのパチンコ店の管理会社の取締役らの依頼でパチンコ台の玉の出具合をパソコンで遠隔操作できるように改造したということです。調べに対し丸山容疑者らは容疑を認めてるということです。

ニュースではパチンコ台と言ってますが動画の中では「吉宗」「北斗」が押収された不正台として映ってます。 つまり遠隔操作の改造がされてたのはスロット台ということになります。 また台の規模から推測して店は中小規模店だと思います。

複雑なプログラムのスロ、しかも北斗に遠隔があるなら一発抽選単純基盤のパチンコは余裕で遠隔があるでしょう。しかも小規模店が導入してるならチェーン店は当たり前のように導入してるでしょう。

| パチンコ・スロット社会問題::事件・事故・犯罪 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"