依存「症」なのでしょうか? ::パチンコ・パチスロを止めたい!!ギャンブル麻薬 ">

HOME > タバコを止めたい > 喫煙者は依存「症」なのでしょうか?

NEWEST / < NEXT   BACK >

喫煙者は依存「症」なのでしょうか?

JTのページ  喫煙者は依存「症」なのでしょうか?
http://www.jti.co.jp/JTI/attention/20060123/01.html

厚労省が実施した調査の結果に示されている、男性の年代別喫煙率を見ると、 20歳代から50歳代まで55.3%~58.6%と殆ど差がありません。 しかし、これが60歳代では36.8%、70歳代では27.7%と、喫煙率は急激に下がります。

もし喫煙が単にニコチン依存によるものならば、 なぜ60歳代や70歳代で急に禁煙できるようになるのか、説明がつきません

喫煙量別生存率
http://www.abe.or.jp/tobacco/slide12.asp
非喫煙者の70歳生存率は80%
喫煙者の70歳生存率は50%

20歳代から50歳代まで、55.3%~58.6%と差が無い事から 元の喫煙者の割合が55%とすると、70歳時の喫煙者の割合は、55%の生存50%で 27.5%

データでは、70歳代喫煙率が、27.7%だから、近い数字だよね? 喫煙者のうち誰も禁煙しなくても、これだから 60歳代や70歳代の禁煙の成功が説明がつかなくても 60歳代や70歳代の生存率で説明出来る。

JTは、誰だって死ねば禁煙出来るよ、と言っているんだから、安心

| タバコを止めたい |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"