HOME > パチンコ・スロット社会問題 > パチンコ業界の内実 > 遠隔が悪といいますが、皆平等になる素晴らしいシステムです。

NEWEST / < NEXT   BACK >

遠隔が悪といいますが、皆平等になる素晴らしいシステムです。

この世界、不正行為は容赦しない。 ハイテクゴト師対策は驚くほどの進歩で、動きや台動作パターンからすぐに分かる。 まずは絶対に出さないことで撃退、次に店長が捕まえて実力行使。よく知るとゴトなど絶対できませんよ。

会員、一般の管理も賢い学習型プログラムで、客が最もお金を使うパターンで行う。 適度な連荘数、はまり、止めそうになったら連続演出で続けさせる等、多彩である。又プログラムも専門の人で変えられ、ゲーム性もメリハリをつけている。 5号機も十分対応可能。当局に睨まれない程度に波荒に改造される。

今後の遠隔はさらに改良される。個人認証をより確実なものにする。 遠隔が悪といいますが、皆平等になる素晴らしいシステムです。今後は高稼働を維持するためには今までの釘や設定調整では維持できません。

そんなことをしてもすぐにばれるからです。質の高い経営できる遠隔ができるホールのみ生き残れるのです。 客を完全管理でき、ゴト師、プロ排除、平等に遊戯料金取るシステムは店には最高に願ったことなのです。

これを読んだ皆さん、まだハイエナや高設定狙いをするのだろうか?大手の店では遠隔で既に対策が施されている。 今後は全ての店で導入されこれらの行為は絶対に不可能なようになるはず。カウンターなどで簡単に判別できるものなら判別させて1日中打ってもらい、結果はしっかり負けてもらうなどのプログラムになるはず。

釘師、設定師は過去の存在でそんな技術は何も役に立たない。素晴らしいコンピュータプログラムは、多くのことを学習して店に利益が最大になるように最適に処理される。

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"