HOME > パチンコ・スロット社会問題 > 賭博社会の未来 > 大当たりすると、βエンドルフィンという脳内麻薬の作用でチョー気持ちよくなっちゃうんです。

NEWEST / < NEXT   BACK >

大当たりすると、βエンドルフィンという脳内麻薬の作用でチョー気持ちよくなっちゃうんです。

遠隔だろうがなんだろうが、中毒者は通い続けるんですよ。 大当たりすると、βエンドルフィンという脳内麻薬の作用でチョー気持ちよくなっちゃうんです。麻薬とおなじです。 耐性の無い人は生活費だろうが借金だろうが突っ込んでしまうんです。

これは、意志が弱いとかの問題ではなく、人間の脳のメカニズムに直接働きかけるため、重度中毒者は自分の意志で止めることができないんです。 そういった人達相手にパソコンでインチキ操作しているわけです。

日本以外の国で賭博を禁止、もしくは強力に制限しているのは、麻薬と同じ作用で国民を破滅に追いやるからです。 国の指導者達が自国民のことを思っているなら、絶対に野放しにはできない問題です。 ましてや、いつでもどこでも誰でも行けるなんて、あってはならないことなんです。

| パチンコ・スロット社会問題::賭博社会の未来 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"