HOME > パチンコ・スロット依存キーワード > 依存症 > パチンコ依存は脳の仕組みを知る事で治療する

NEWEST / < NEXT   BACK >

パチンコ依存は脳の仕組みを知る事で治療する

パチンコ依存は脳の仕組みを知る事で治療する。まずは、そこから。
脳が興奮してしまうと冷静な判断力を失う。
なぜ勝った次の日にパチンコに行ってしまうのか?

答えは、今まで散々やられた挙げ句の末に大当りを引き連チャンして脳が興奮状態にあるんだ。

勝った日には座禅や瞑想を一時間くらいやって脳の興奮をリセットしなければならない。心療内科などでテグレトールなどの坑てんかん薬などを処方して貰うのもいい。

パチンコがなぜ爆音や派手な光線を発するのかというと脳を興奮させる為。
いかにドキドキさせ興奮させるかで冷静な判断力を奪っていく。

パチンコやってタバコ吸ってコーヒー飲んで終わって酒飲んでってのは脳が興奮する最悪パターンなんだ。
あなた呼吸、浅くなってないか?それ興奮状態だよ。まずは5分でも呼吸を深くして無心になり脳をリセットさせなければならない。
僧侶や昔の侍などの修業は決まって座禅や瞑想だった。心を強くするとは興奮状態を無くしてセルフコントロール出来る状態を造る事だ。

脳の興奮状態を無くせば、必ず冷静な判断力が付きパチンコなど辞められる。

| パチンコ・スロット依存キーワード::依存症 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"