HOME > パチンコ・スロット > パチンコ依存と闘う人々 > ドーパミンがでなくなるとなにをするにも無気力になり、食欲、性欲など基本的生活に必要な作業さえもできなくなります。

NEWEST / < NEXT   BACK >

ドーパミンがでなくなるとなにをするにも無気力になり、食欲、性欲など基本的生活に必要な作業さえもできなくなります。

ほとんどの中毒者は、パチンコでドーパミンがでなくなった状態をそのパチンコで解消しようと店に通い、さらにドーパミンがでなくなり、生活が破綻し体調を崩し間違った医療を受けているというのが現状です

パチンコ依存になった人は、むしろ適正なドーパミンがでるよう診察をうけましょう

ドーパミンの過剰→幻覚、幻聴、 多幸感、陶酔感、過食症やトゥレット症候群で生活に支障

ドーパミンの不足→周りへの無気力、無関心、運動機能の低下、精神機能の停滞化、うつ、パーキンソン病などで生活に支障

| パチンコ・スロット::パチンコ依存と闘う人々 |

トラックバックURL

http://pachi.n-shop.info/tb.php/515

トラックバック


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"