HOME > パチンコ・スロット社会問題 > パチンコ業界の内実 > パチンコ、パチスロ店が昨年11月末時点で10,000軒割れ 倒産

NEWEST / < NEXT   BACK >

パチンコ、パチスロ店が昨年11月末時点で10,000軒割れ 倒産

全日遊連(阿部恭久理事長)はこのほど、
「組合加盟店舗の実態調査」における11月末時点の調査結果を公表。

それによると昨年11月末の営業店舗数は10月末より28店舗少ない9,993店(前年同月比334店舗減)。
新規店舗数は8店舗(同比4店舗減)、廃業店舗数は37店舗(同比4店舗増)、
休業店舗数は138店舗(同比17店舗増、11月中に休業した店舗は13店舗)となった。

遊技機の設置台数では、パチンコが前月比7,992台減の257万0,292台、
パチスロが同比904台増の152万5,852台、その他の遊技機が増減無しの103台。
総設置台数は10月末から7,088台少ない409万6,247台。
パチンコの減少傾向が顕著となる一方でパチスロの微増が続いた。
http://www.yugi-nippon.com/?p=11294

| パチンコ・スロット社会問題::パチンコ業界の内実 |


NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

よく読まれているページ

リンク

パチンコカテゴリー

新着エントリー

その他

POWERED BY


h2 class="linktitle"